危険性のある昆虫|徹底的に駆除するならプロに任せたほうがいい|南京虫駆除も任せる
ウーマン

徹底的に駆除するならプロに任せたほうがいい|南京虫駆除も任せる

危険性のある昆虫

蜂の巣

巣を買い取る

ハチの巣駆除の費用や安全性などを考慮した場合、女王蜂のみが巣作りを行う越冬後、または、巣の大きさが15cm未満のサイズ時に行うのが大事です。一網打尽にするには、巣に働き蜂が戻る夕方から夜間に駆除するのが得策です。防護服を必ず着用し、殺虫剤を噴射しますが、ポイントは風向きで、ハチの巣から2m程度は風上へと離れることが大事です。巣に効率的に薬剤が散布されなければ意味がなく、風向きは重要です。蜂は一時退散する習性があり、居なくなってから巣を落とし、再び殺虫剤を噴き付けます。特にアシナガバチは襲撃してくるよりも退散する蜂の種類であるため、怯むことなく駆除できます。取り除いた箇所にも殺虫剤を散布しておくことで、同じ場所での巣作りを防ぐことができます。逆にスズメバチの場合には巣を放置し、新しい場所へと移り住むため、落とした後の散布は不要です。また、巣の大きさをはじめ、中で成長する蜂の子がいる場合には駆除業者が巣を買い取りしてくれるサービスもあり、お得な駆除にも結び付きます。

色による識別

蜂の生態や建物の構造も熟知するのが駆除・退治専門の業者で、最適な方法で作業を行ってくれます。自然の生態系にも影響するミツバチなど、様々な種類の蜂が巣を作っていますが、優良業者ではむやみやたらにハチの巣を崩すことを避けています。と言うのも、スズメバチの場合、巣をワンシーズンかけて大きく成長させた後、巣を空っぽにし、同じ巣に住みつくことが少ないためです。またハチの巣は地域によっては縁起物とされ、軒先に飾られることもあるほどです。攻撃される危険性をプロの目で判断し、必要に応じて駆除・退治を行ってくれます。個人で対処したい場合、蜂は白黒の濃淡で物の認識を図るため、日中は白の防護服、夜間は暗闇に溶け込む防具などを身に付けると安全です。しかし、ライトの光によってくる可能性もあり、フィルムをライトに貼る対策も必要です。女王蜂のみや、数匹程度であれば、巣の入り口を塞ぐことも安全性の高い処理法の1つです。