マンションやビルでの被害|徹底的に駆除するならプロに任せたほうがいい|南京虫駆除も任せる
ウーマン

徹底的に駆除するならプロに任せたほうがいい|南京虫駆除も任せる

マンションやビルでの被害

白蟻

湿気のたまりやすさ

シロアリ被害は、木造住宅で発生しやすいのですが、昨今では鉄筋コンクリート造のマンションやビルでも発生するようになっています。というのも、鉄筋コンクリート造の建物は、木造住宅と比較すると、窓が少なめとなっているからです。その分湿気がたまりやすい上に、結露も生じやすくなっています。こういった水分が、わずかに使われている木材に吸収されると、そこにシロアリが寄ってきやすくなるのです。しかも室温を保つための断熱材が使われていることが多いため、それによる温もりで、シロアリが一層育ちやすく増えやすくなっています。したがって、被害を防ぐための対策は、マンションやビルでも必要と言えます。もともと木材が少ないのですから、対策をしっかりとおこなっておけば、被害を高確率で防止できます。

換気口の設置や外壁の補修

近年ではマンションやビルには、シロアリ対策として、あらかじめ換気口が多く設置されるようになっています。窓が少なくても、換気口があれば、それだけ室内の湿気が除去されるため、木材は悪影響を受けにくくなるのです。換気口の少ないマンションやビルでも、リフォーム会社または害虫駆除業者に依頼すれば、換気口を増やしてもらうことができます。さらに昨今では、湿度をセンサーで確認し、自動で換気または除湿をおこなう空調機器も利用されるようになっています。また外壁に亀裂が入ると、そこからシロアリが侵入してくることもあります。そのため亀裂を塞ぐためのコーキングや塗装を定期的におこなうことも、有効なシロアリ対策となります。